最近の投稿

知っておいて損は無い!自動車保険の内容について

自動車保険は保険内容も種類が複数あり、さらに特約やオプションなどで複雑です。
どういう場合にどういう契約の保険が有効なのか覚えておいて損はありませんので、基本的な補償を確認してきましょう。
「対人賠償」は、相手の方にケガをさせてしまった場合を指します。
医療費、介護費用などで多額の損害賠償を求められた場合に補償してもらえます。
最も標準的な補償ともいえます。
「対物賠償」は、事故によって相手の自動車や所有物に損害を与え、修理費・補修費のを求められた場合に補償してもらえます。
「人身傷害」は対人賠償とは異なり、相手ではなく自身のケガの場合を指します。これには、搭乗していた人の治療費も含まれます。「搭乗者傷害特約」などオプションの場合もありますので、搭乗していた人への補償がどうなっているか、どういう時に支払われるか契約内容を確認しておきましょう。
「車両保険」は自身の自動車への補償です。基本的には他の自動車との接触事故や火災・盗難時の補償ですが、契約内容によっては塀や電柱にぶつかった際の補償をしてくれるものもあります。
この他、「弁護士費用特約」などのオプションがあります。これはもらい事故、つまり自身が被害者となり、無過失である場合について、保険会社が示談交渉に入ることは禁止されていることが背景にあり、弁護士に依頼して解決してもらった際の費用を負担する契約です。また、示談交渉は出来ませんが、相談自体は受け付けるなど行っている会社もありますので確認しておきましょう。