最近の投稿

‘2014/08’ カテゴリーのアーカイブ

保障額と受取人

2014/08/19

自動車を操縦する資格を有する者にあって、交通事故は、被害者となった場合にあっても、加害者となった場合にあっても、道路交通法による点数制度や、損害賠償に関する、様々に抵触することが予測可能となり、その全てに向き合い、回避する必要を強いられる事となるのです。
よって、精神的、身体的、金額的な負担が伴う事となりますが、交通事故の種類は、第三者が所有する物を損傷させた場合や、第三者である被害者に、怪我を負わせた場合等が考えられ、これ等の保障額は、原則として、当事者双方の了解に沿うかたちで、加害者の責任により、被害者である第三者に直接支払われる事となります。
けれど、交通事故により、被害者が死亡した場合には、その代理人に支払われう事となるのです。この場合の受取人は、印鑑証明証等、身分を証明できる書類を求められますが、保障を約束する加害者、又は加害者が加入している保険会社から支払われるのが一般的であるとの認識です。
そこで、この場合配慮すべき事項について触れますが、代理人とし保障金を受領した者は、一時所得としての税申告が必要となりますので、保障金以外の収入がある場合については、代理受領者の諸般を熟知した、税理士等と綿密な打ち合わせを成す事が、善後策として求められるとの考えです。

保障額の決まり方

2014/08/19

運転免許証を所持し、自動車を操縦する場合には、その結果として、第三者の財産を破損する場合や、自らの自動車を破損する場合もありますが、自動車を操縦する者の一方的責任において、第三者の生命を奪う事や、生涯、完治する事が不可能な致命的障害を与える事も有り得るとの認識にあって、自動車を操縦する必要があるとの考えです。
自動車を操縦する事は、このような事態に遭遇することを、想定する事は当然であり、反面、そのような状況を回避する努力が求められるのですが、不幸にして、交通事故により被害者を死亡させたり、後遺障害を負わせる等、第三者に損害を与えた場合には、自動車を操縦する、個人の責任として、定められた保障額を賠償する責任が発生するのです。
この場合、賠償金額の決まり方は、被害者の家庭環境や、社会的地位、収入等を鑑み、将来にわたり、得られると仮定される収入額等を考慮することで決りますが、その金額は一億円を越えるケースも珍しくない状況にあるのです。
よって、自動車を操縦する資格者の義務として、いかなる場合においても、被害者の救済を最優先することを目的とした、強制保険は元より、任意保険等を含む、万全の対策を以って自動車を操縦する事が求められるとの考えです。

自動車保険と保障額

2014/08/19

自動車保険には法律で加入が義務付けられている「自賠責保険(強制保険)」と、自由に加入する、しないを決めることができる「任意保険」があります。自賠責保険の保障額は一律で決まっており、傷害は最高120万円、後遺障害で最高4000万円、死亡は最高3000万円の以上です。自賠責保険の問題点は、補償されるのは事故でケガをした人のみで自分は含まれない事と現在は賠償額が1億円を超える事故も珍しくないため、保障額が足りない可能性が大きいことです。そこで、補償を大きくするために任意保険に加入することになります。任意保険の一般的な保険種目は他人を保障する「対人賠償」、他人の物を保障する「対物賠償」、自分を保障する「自損事故」「無保険車傷害」「搭乗者傷害」「人身傷害」、車を保障する「車両保険」です。保険金は、対人賠償と対物賠償は無制限が一般的です。自損事故と無保険車傷害は対人賠償加入で自動付帯され、それぞれ1500万円と2億円での設定で変更できません。搭乗者傷害は1000万円が標準ですが人身傷害の保険金と併せて検討するのがベストです。車両保険は車本体の金額により変わります。自賠責保険の保険金は変更できないため、自賠責保険+任意保険での加入が万全ということになります。

搭乗者傷害保険

2014/08/19

搭乗者傷害保険は、保険に加入している車に乗っている搭乗者が、自動車事故によって怪我や死亡してしまった場合に補償される保険です。
搭乗者は、運転しているドライバーの他、助手席や後部座席に乗っている人達を含め、自動車に乗っている人全員が該当者であり、自分に過失がなくても、搭乗者が怪我や死亡してしまったりすれば補償の対象になり、保険を請求しても等級が下がらないのが特徴です。
また、加害者からの損害賠償金、自賠責保険、各種傷害保険などとは関係なく支払われ、加害者からの保険で治療費がまかなえる場合でも、自分の加入している保険から治療費が別途支払われます。
補償範囲は、死亡保険金は1名につき保険金額全額、後遺障害保険金は1名につきその症状に応じて保険金額の4%から100%、医療保険金は1名につき5日以上入院または通院された場合に怪我の部位と症状に応じて支払われる内容となっており、自動車保険の契約内容によって詳細が異なります。
また、飲酒運転や酒気帯運転、無免許運転、暴走行為運転など、違法な運転や悪質な運転をした場合は補償の範囲外となりますので、注意が必要です。
この保険は、自動車保険の契約時に非加入も選べます。

対物賠償保険

2014/08/19

対物賠償保険は保険を契約している車での事故で他人の車や財物に損害を与え、法律上の損害賠償責任を負ってしまった場合に保険金が支払われます。
自動車事故を起こして他人の車に衝突し破損させてしまった、誤って店舗や家屋に突っ込んでしまった、等という場合に保険金が支払われます。また、修理やレッカー移動にかかる費用といった直接的な損失だけでなく、事故による間接的に生じた営業損失に対しても補償されます。
補償は保険の設定金額の上限まで支払われますが、事故によっては非常に高額になることがあります。自動車同士の事故でも相手が高級車であるならばその損害額は高額になってしまいます。バスやタクシー、運送業者のトラックといった商用車だった場合、その車が使えないことで上げられない利益に対しても賠償しなければなりません。店舗に衝突し、しばらく営業が出来ないと言った場合にも営業が出来ない期間への賠償が必要になります。営業車、店舗への補償は高額になる傾向にあり、限度額では賠償しきれず自分で支払わなければならないということもありえます。少ない例ですが億を超える損害を出すこともあります。万が一の事態に備え、設定金額は無制限で契約することをお勧めします。

対人賠償保険

2014/08/19

対人賠償保険は自動車保険の中で一番重要な保険と言われており、補償額も無制限とするのが常識となっています。その理由は交通事故で相手を怪我させたり死亡させる等して、法律上の損害賠償責任を負った場合に、自賠責保険でカバーできない部分について保険金が支払われるからです。後遺障害を発生させてしまった場合なども対象です。もし、任意保険未加入で2億円もの損害が認定された場合、自賠責保険で補償されるのは、死亡3000万、後遺障害4000万円までですので、残りの1億5000万円以上は自己負担となってしまいます。また、1回の事故で複数の被害者がいる時でもそれぞれについて保険金が支払われるため、最優先で考えることが必要です。また、掛金を無制限とするのは、死亡や高度障害などの深刻なケースでは1億円や2億円といった高額になることも珍しくないからです。なお補償されるのは、対物賠償保険が他人の物に対して補償されるように対人保険も他人の身体のみに限られます。同居家族や別居で未婚の子を轢いてしまった場合は補償されません。例えば、車庫入れをしている際に誤って自分の子供をひいてしまい、ケガをさせてしまった場合や助手席に母親を乗せ運転していて、ガードレールにぶつかる単独事故を起こし、2人ともケガをした場合などは補償の対象外となります。このように自動車を運転する際は必要となってくる保険ですが、一方で加入率が100%ではないことも問題となっています。

任意保険

2014/08/19

車を購入する際には保険に入る必要があります。
必ず入らなければいけない保険を強制保険といいます。車を購入する際にしっかりと入る必要があります。
車を運転する際に他人を死傷させるような事故を起こしてしまった場合に、損害賠償の義務を負わなければいけなくなってしまったとき損害賠償額を担保する自賠責保険というものがあります。
しかし、自賠責保険は最低限度の保障しかしてもらうことができないので、それをしっかりと補うために、任意保険というものに入っておく必要があります。
入ることを強制されることはありませんが、突然起こってしまった交通事故にたいして、しっかりと賠償責任を負うために必要なお金を払うのは個人ではなかなか難しいものなので、代わりに民間の業者が払うシステムになっております。
被害者に対して、治療費や休業損害、慰謝料などのを変わりに支払ってくれる役割を持っております。相手の車を修理する目的が一般的ですが、自分の車を治す、同乗者への治療費などは、オプションとしてついているものが多いので、そういったものもはいっていれば安心して運転することができます。
入っておくことは自分を守るためにも重要なことなので入ることをお勧めいたします。

自動車損害賠償責任保険の概要について

2014/08/19

自動車損害賠償責任保険は、略して自賠責保険とも呼ばれ、自動車損害賠償保障法によって、自動車や原動機付自転車、オートバイなどを使用する際に、全ての運転者への加入が義務づけられている損害保険で、加入が義務付けられている事から強制保険とも呼ばれています。
自賠責保険に未加入で走行した場合は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられる他、道路交通法上の交通反則通告制度点数6点が加算され、運転免許証の停止または取消処分がなさますので、注意が必要です。
主な補償範囲として、傷害による損害は最高120万円が支払われ、後遺障害による損害は、神経系統、精神、胸腹部臓器に著しい障害を残して介護が必要な場合、 常時介護の時で最高4000万円、随時介護の時で最高3000万円が支払われ、後遺障害の程度により第1級から14級に分類され、75万円から3000万円まで支払われ、死亡による損害は最高3000万円支払われ、死亡するまでの傷害による損害は最高120万円支払われます。
また、過失割合にかかわらず、負傷した者は被害者として扱われ、相手の自賠責保険から保険金が支払われ、過失割合が70%を超える場合は重過失減額として、過失割合に応じて20%から50%の減額が適用されます。

自動車保険の種類について

2014/08/19

自動車保険の種類は、大きく分けて自動車損害賠償責任保険と任意保険があります。
自動車損害賠償責任保険は、自動車やバイクを運行する場合に法律によって加入が義務づけられている保険で、未加入で運行した場合は、法律によって厳しく罰せられます。
また、自動車損害賠償責任保険は、人身事故だけに適用され、保険料や補償内容が決められています。
任意保険は、加入の義務はありませんが、自動車損害賠償責任保険で補いきれない場合に補償してくれる保険です。
内容は、相手に怪我や死亡した場合を対象とする対人賠償保険、物を破損させてしまった場合を対象とする対物賠償保険、全ての同乗者を対象として怪我や死亡した場合に支払われる搭乗者傷害保険、自分だけで起こした単独事故の場合に適用される自損事故保険、賠償金を支払う能力が無い場合に適用される無保険車傷害保険、自分の車が破損した場合を対象とした車両保険、怪我をした場合の治療費などを自身の過失部分も含めて全額負担してもらえる人身傷害補償保険などがあり、自分で細かく設定できるのが特徴です。
また、任意保険には特別約款があり、家族限定特約、人身傷害補償特約、他車運転危険担保特約、代車費用担保特約など、保険会社によって、様々な特別約款を選ぶ事ができます。