最近の投稿

‘2016/03’ カテゴリーのアーカイブ

郷土の味を楽しむなら但馬海岸沿いを

2016/03/15

車好きならただ運転をしているだけでもとても至福のひと時になりますが、どこかいい場所はないだろうかとドライブしながら思うことでしょう。そんな時には但馬海岸まで足を伸ばして、迫力のあるリアス海岸沿いを走り抜けていきましょう。打ち寄せる波を眼窩に潮風を受けながら運転をしていると、思わず見入ってしまいそうです。ゆっくり海を眺めたいのであれば、周囲に注意してから一度車を止めましょう。

浦富や浜坂、香住に竹野まで、かなりの長時間になりますが運転のしがいもあります。香住の朝市センターに途中で立ち寄って取れたての新鮮な魚介をお土産にしましょう。冬なら美味しいカニも手に入るので、県外から訪れる人も数多くいます。さらに走っていけば城崎に到着しますので、ドライブで疲れた体を癒していきましょう。ここでも美味しいものはたくさんありますので、ゆったりと散策しながらカフェに立ち寄ったり食事をしてのんびりと過ごして下さい。

ハイシーズンとしては海が楽しめる夏もいいですし、カニが楽しめる冬も人気があります。ドライブそのものを楽しむなら春や初夏頃に訪れると、運転もしやすく気持ちよく風景を眺めながら走っていく事ができる場所になっています。

のどかな田園風景を楽しむ北神戸

2016/03/15

神戸といえば、ポートタワーやハーバーランドなどがある海辺の街、または異人館が並ぶレトロな街というイメージがあるかもしれません。ところが同じ神戸市でも、まったく違った一面を持つのが神戸市北区にあたる、北神戸と呼ばれる地域です。
このあたりは、同じ神戸とは思えないくらいのどかな田園風景が広がっており、茅葺屋根の保存地区にもなっています。古民家がそのまま残っていることが多いので、それを利用した趣のあるカフェや雑貨屋さんがいくつもあります。オーガニックのお食事や陶芸品の販売など、自然にあふれた環境にマッチしたお店です。電車でアクセスするにはやや不便ですが、緑に囲まれながらのんびりしたドライブを楽しむには絶好の場所になります。
アクセスは、国道176号線を使うと便利です。高速道路を使う場合は、山陽自動車道の神戸北インターチェンジで下ります。お店によってはお店まで入る道がわかりづらかったり、田んぼに挟まれた細い道を通らなければならないこともあるので、行きたいお店がある場合はしっかりと下調べをしておくことをおすすめします。
また、この地域は有馬や三田が近いのも特徴です。温泉やアウトレットパークの行き帰りに、ふらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

あ洒落スポットがたくさんの須磨から明石ルート

2016/03/15

ドライブするのにどこがいいかなあと迷ったら、おすすめなのは須磨から明石へと伸びる海岸線を走るコースはおすすめです。
目の前に広がる海と空、背後には六甲山が迫るこのあたりは自然も多くて気持ちが良いです。海の幸も美味しいのでランチやディナーも楽しめます。
途中、車を降りて須磨海浜水族館や須磨海岸、須磨浦公園を散策したり、大阪湾を見渡せる絶景のローケーションに立つ洋館、旧グッゲンハイム邸を訪れたりと
立ち寄りスポットも点在しています。
海を見ながらのんびりとできるカフェルシェや野菜いっぱいのベーグルいただけるクローバー、
美味しいシフォンケーキのお店など、海辺にふさわしいおしゃれなお店がいっぱいです。
ちょっとリッチに過ごしたい方におすすめなのは、レトロな洋館でフレンチを味わえる邸宅レストランルアンです。
落ち着いた時間を過ごせるでしょう。
そしてやはり海の幸でしょう。蛸はもちろん穴子も有名です。下村の焼穴子は香ばしくて最高です。
市場ではリーズナブルに海鮮丼が食べられ、多くの人が賑わっています。お土産に新鮮な魚介を買って帰るのも良いですね。
ただただおしゃれなだけではなく、心も体も喜ぶ素敵なドライブになるでしょう。ぜひ、プランをたててみてはいかがでしょう。

明石海峡大橋をめぐる淡路島ドライブ

2016/03/15

2014年4月に、明石海峡大橋の通行料金が大幅に値下げされ、900円になりました。これをきっかけに、温泉ありグルメあり、海も花も楽しめる淡路島へドライブに行ってみませんか。
ドライブで人気のスポットは、明石海峡大橋を渡ってすぐの場所にある淡路サービスエリアです。上り線下り線どちらからでも車で自由に行き来することができ、旅の通過点ではなくここを目的地として訪れる人も多くいます。下り線には大観覧車があり、明石海峡大橋はもちろん神戸空港まで一望できる絶景を楽しめます。上り線ではテレビ番組でも紹介された「淡路玉葱ラーメン」を食べることができます。淡路名物の甘い玉葱がたっぷりトッピングされた、ここでしか味わえないラーメンです。
また淡路サービスエリアには淡路ハイウェイオアシスが直結しており、自然豊かな四季が充実した花の谷を目の前に食事をすることもできます。また、花の谷には全部歩けば20分ほどかかる散策ルートもあり、運動不足も解消です。
そのまま淡路インターチェンジを下りたら、車で3分のところに道の駅あわじがあります。生しらす丼や淡路牛バーガーなど、どれを食べていいのか迷うほどグルメが充実しています。更に、明石海峡を見渡せる温泉、美湯松帆の郷との間で無料送迎バスが出ているので、運転の疲れも温泉で癒すことができます。

ドライイブコース

2016/03/15

車の運転ができるのならぜひドライブを楽しむべきですが、そのようなコースがいいか迷うところです。ドライブというからにはそれ相応の条件があり、単に車を運転しているだけでは足りません。運転しているだけでドライブなら車で通勤している人や仕事で車を使う人は毎日ドライブしていることになります。ですがそんなことはなく少なくとも都会から離れた普段見ることができない景色が広がっていることがその条件の一つになります。
そうなると、山や海が見える場所を選ぶべきですが、できれば絶景を見ることができればなおよいでしょう。オススメコースを口コミなどで探してもいいかもしれませんが、地図帳などを見て探してもいいかも知れません。山の場合は特に時期によって山が見せる表情が違うため、紅葉の時期に行けば普段見ることができない形式を一望できるのですが、問題は大渋滞を起こすことです。普段1時間で山を越えられるようなところでも5時間かかったりすることもあります。そういう意味では、場所だけでなく季節も選んで目的地を見つけるべきです。ベストなドライブコースは山や海などの自然があるところで、時期であっても人があまり来ないような穴場スポットになります。

新鮮な海の幸を楽しむならあわじ

2016/03/15

道の駅あわじでは、新鮮な海の幸をたっぷり使った丼を味わうことができます。
その筆頭が生しらす丼です。生しらすは鮮度が命であり、冷凍保存ができません。そのため、生しらすは漁場の近くでしか食べることができないのです。そんな生しらすをたっぷりと乗せ、更にマグロやタコまでトッピングした豪華な生しらす丼を、ここでは850円というリーズナブルな価格で提供しています。
ただし生しらすには旬があり、生しらす丼も食べられる期間が決まっています。2015年の場合は、11月8日で販売が終了します。
ですが、生しらす丼がない時期でも、まだまだ他に食べる価値ありの海鮮グルメが充実しています。
明石海峡といえばタコと鯛が有名です。そのタコと鯛、どちらも食べたい!という方には鯛たこ天丼がおすすめです。身が締まってぷりぷりのタコと鯛のてんぷらが器からはみ出るくらいに乗せられています。鯛は刺身で、という方には海峡鯛の卵かけごはんが良いでしょう。他にも、アジのたたき丼、焼穴子丼、刺身漬け丼、真名鰹丼、炙りサーモン丼など、海鮮の種類も豊富です。
アクセスは淡路インターチェンジを下りて車で3分です。淡路島へドライブへ行くとき、是非お食事をしてみてはいかがでしょうか。

特産品やおみやげを買うならみなみ波賀

2016/03/15

ドライブのお伴ともいえる道の駅。
兵庫の道を散策中立ち寄りたいのが道の駅「みなみ波賀」。
国道29号線沿いに位置し、スキー場等へのアクセスの途中で休憩がてらお土産探しを楽しむことができます。

揖保川の清流を見ながら食事ができるレストランでは、山菜や川魚、自然薯等の地元食材を使ったメニューが楽しめます。
鹿肉のシチューやハンバーグ等のジビエ料理も堪能できます。

青空市では地元農家が出荷した新鮮野菜や果物が沢山並んでいます。
季節ごとにラインナップも異なり、行くたびに楽しみが変わっているのが嬉しいです。
道の駅から徒歩2分で行けるブルーベリー畑では、6月から8月の間、収穫体験もできます。

売店では手作りパンと林檎のソフトクリームが人気を集めています。
他にもリンゴジャムやブルーベリージャム、自然薯のおかき、生いも丸こんにゃく等、地元の素材を存分に活用した美味しい特産品が並んでいます。

併設されている特産品加工所では、加工体験学習を実施しています。
ジャムやこんにゃくを自分で実際に作ってみることができます。
普段出来ない体験ができるので楽しい思い出になること間違いなしです。

ドライブのついででも、目的地としても楽しめる道の駅、是非お立ち寄りください。

本場但馬牛を味わう!村岡ファームガーデン

2016/03/15

但馬牛とは、黒毛和牛の中でも兵庫県産のものを指します。更にその中でも、神戸肉流通推進協議会による基準を満たしていなければ、但馬牛と呼ぶことはできません。
そんな但馬牛をなんと800円からという安い値段で味わうことができるのが村岡ファームガーデンです。
ここでは提携牧場から大切に育てられた但馬牛を一頭買いしています。そのレストランでは、但馬牛を使用したメニューがなんと50種類以上もあります。その中でも800円で食べられるのが但馬牛を使ったビーフカレーです。他にも但馬牛を使ったハンバーガーやコロッケを1000円以下の格安な値段で食べることができます。
更に、但馬牛をしっかり味わいたいという方のために、ステーキのセットも充実しています。但馬牛ヒレステーキセット、但馬牛キングサーロインステーキセット、サイコロステーキセットは食べ応えも抜群です。食事についてくる高原野菜のサラダバーも魅力的です。
また、事前に予約をしておけば但馬牛を贅沢に使用した懐石も注文することができます。
アクセスは播但連絡道路の八鹿氷ノ山インターチェンジを下り、国道9号線を車で25分です。国道沿いにあるためドライブに最適で、城崎や香住への行き帰りに立ち寄るのもいいでしょう。

温泉でもほっこり!神鍋高原

2016/03/15

兵庫県の日本海側、豊岡市の山あいをドライブしていると道の駅が見えてきます。道の駅がある神鍋高原には、お土産処やお食事処など様々な名産品や地元で獲れた新鮮な野菜などを堪能することができます。お餅やうどん、味噌などが名物で、お食事処で出されるお米は、地元で獲れたコシヒカリなど、地産地消にこだわった道の駅と言えます。

この道の駅には、温泉がついており、多くの観光客がこの温泉を利用しています。内風呂や露天風呂はもちろんのこと、ジェット風呂やサウナまでついており、ドライブで疲れたドライバーの疲れ、遊び疲れた子供たちや奥さんの癒しスポットになっています。また、赤ちゃん連れの方にうれしい授乳室やパウダールームも完備しており、女性に優しい施設になっています。この温泉の営業時間は午前11時から夜の9時までで、年中無休です。

山間部にある道の駅とあって、周辺にある名所は滝や渓谷など、緑に囲まれた名所が多くあります。また、周辺地域のシンボルとなっている神鍋山はハイキングコースとなっており、神鍋山にハイキングに出かけた人の多くが道の駅に立ち寄り、その疲れを温泉で癒しています。日本海方面をドライブした時には1度立ち寄ってみたい場所です。

カップルで兵庫県を満喫する

2016/03/15

兵庫県は日本海や瀬戸内海にも面しているなど、どちら側でもドライブスポットがあって楽しめる地域になっています。カップルが満喫するデートスポットといえばなんといっても神戸の海です。デートで人気の場所であるポートアイランドの中にある神戸ポートピアランドはカップルだけでなく、親子連れも多く、地元の人にも愛される場所です。六甲山展覧台では神戸の夜景が一望でき、とてもムードにあふれた場所です。

明石海峡大橋を渡り、淡路島に行くと、淡路島の名産品を堪能することができます。海の幸はもちろん、淡路島でとれた野菜などもおいしく、温泉もあるので旅行にはもってこいの場所です。また山頂では一面の花畑が見られ、春先にはとてもきれいな光景が目の前に広がります。温泉でいえば日本海側も負けていません。兵庫県豊岡市にある城崎温泉は、外湯めぐりが名物になっています。着慣れない浴衣が崩れても、それに対応するところが多くありとても安心です。また、当日一番乗りした人には一番札が渡され、それ目当てに城崎温泉を訪れる人も少なくありません。

兵庫県はカップルで訪れるべき場所がたくさんあります。神戸の夜景を満喫するか、淡路島の名産に舌鼓をうつか、城崎温泉で癒されるか、どれも魅力的でとても悩んでしまいます。