最近の投稿

ぶれるのはなぜ?走行中にハンドルを取られやすい人へ

車で走行中にハンドルを取られる、車体がぶれる経験をしたことはありますか。真っ直ぐな道路を走行しているはずなのに、ハンドルが左右どちらかに取られてしまう、そのような現象が起きた時は真っ先に足回りの不調を疑いましょう。走行中にハンドルが取られる原因は、まず「タイヤの空気圧の不均衡」が挙げられます。タイヤの空気圧は左右均等にする必要があり、どちらかの空気圧が偏っていると空気圧が低い側が抵抗になり、車は上手く走ることが出来ません。タイヤの空気圧は自然に減少していくため、日常点検で必ず確認するよう心がけましょう。また、タイヤの空気圧が適正であるのにハンドルを取られる場合は、「ブレーキの片効き」と呼ばれる現象が起こっている可能性が考えられます。車のブレーキは左右それぞれに付いていますが、片方のブレーキの戻りが悪いとブレーキとタイヤが擦れてしまい、安定した走行が出来なくなります。タイヤの空気圧、ブレーキにも問題がない場合は、「ホイールアライメント」と呼ばれるタイヤの取り付け角度に狂いが生じていることが考えられます。外部からタイヤに強い衝撃が加わると、ホイールアライメントがずれてしまい、車が真っ直ぐ走らなくなってしまいます。

コメントは受け付けていません。