最近の投稿

ドライブトレインの異常

自動車はエンジンから発生した力をタイヤに回転力として伝達して路面を走る訳ですが、その走行状態でもし異常が発生した場合自動車のメーター部分に警告灯としてアナウンスされますが、ドライブトレンの異変については、多くの車でメーターパネルのシグナルで判別することはできないのが現実です。
ドライブトレインとは車が動く為に必要な動力伝達機能の全体をあらわす言葉であり、その言葉がさす部分は、トランスミッションからプロペラシャフト、デファレンシャルギアやドライブシャフトというようなものから成り立つ構成品であり、これら一つ一つは機械部品のため、電気的にモニターしてるわけにいかない構造になっています。
もしこれらの構成品からなるドライブトレインに問題が発生した場合は、何をもって故障と判断しどのような改善方法があるのでしょうか。
まずトラブルが発生した場合は非常にわかりやすい現象としてあらわれます。それはスピードによって音もかわりますが、主にゴーというどちらかといえば低い音が走行中に聞こえてきます。先にも述べたように車が動く為に必要な動力伝達機能であるため、この異音に気づいた場合は、無理に走行しないで車を止め購入した販売店に連絡して修理対応するのが賢明です。早い判断で重大な事故を防ぐことができるのです。

コメントは受け付けていません。