最近の投稿

保障額の決まり方

運転免許証を所持し、自動車を操縦する場合には、その結果として、第三者の財産を破損する場合や、自らの自動車を破損する場合もありますが、自動車を操縦する者の一方的責任において、第三者の生命を奪う事や、生涯、完治する事が不可能な致命的障害を与える事も有り得るとの認識にあって、自動車を操縦する必要があるとの考えです。
自動車を操縦する事は、このような事態に遭遇することを、想定する事は当然であり、反面、そのような状況を回避する努力が求められるのですが、不幸にして、交通事故により被害者を死亡させたり、後遺障害を負わせる等、第三者に損害を与えた場合には、自動車を操縦する、個人の責任として、定められた保障額を賠償する責任が発生するのです。
この場合、賠償金額の決まり方は、被害者の家庭環境や、社会的地位、収入等を鑑み、将来にわたり、得られると仮定される収入額等を考慮することで決りますが、その金額は一億円を越えるケースも珍しくない状況にあるのです。
よって、自動車を操縦する資格者の義務として、いかなる場合においても、被害者の救済を最優先することを目的とした、強制保険は元より、任意保険等を含む、万全の対策を以って自動車を操縦する事が求められるとの考えです。

コメントは受け付けていません。