最近の投稿

保障額と受取人

自動車を操縦する資格を有する者にあって、交通事故は、被害者となった場合にあっても、加害者となった場合にあっても、道路交通法による点数制度や、損害賠償に関する、様々に抵触することが予測可能となり、その全てに向き合い、回避する必要を強いられる事となるのです。
よって、精神的、身体的、金額的な負担が伴う事となりますが、交通事故の種類は、第三者が所有する物を損傷させた場合や、第三者である被害者に、怪我を負わせた場合等が考えられ、これ等の保障額は、原則として、当事者双方の了解に沿うかたちで、加害者の責任により、被害者である第三者に直接支払われる事となります。
けれど、交通事故により、被害者が死亡した場合には、その代理人に支払われう事となるのです。この場合の受取人は、印鑑証明証等、身分を証明できる書類を求められますが、保障を約束する加害者、又は加害者が加入している保険会社から支払われるのが一般的であるとの認識です。
そこで、この場合配慮すべき事項について触れますが、代理人とし保障金を受領した者は、一時所得としての税申告が必要となりますので、保障金以外の収入がある場合については、代理受領者の諸般を熟知した、税理士等と綿密な打ち合わせを成す事が、善後策として求められるとの考えです。

コメントは受け付けていません。