最近の投稿

車から異臭

車から何か異臭がしたら、大きなトラブルの前兆かもしれないので注意しましょう。すぐにエンジンを切り、周囲の安全を確認してから自動車から離れます。そして、専門の業者に連絡して救援や確認をしてもらうと良いでしょう。異臭の中で特に危険なものは焼け焦げたような臭いであり、走行時に火災が起きてしまった場合、乗車している人に危険が及びますし、その被害が大きくなってしまうことも考えられます。ガソリンの臭いがした場合、ガソリンタンクや燃料パイプの損傷などが原因として考えられます。非常に危険な状態であるため、すぐに停車する必要があります。外の安全を確認したら自動車から離れて救援を依頼すべきなのですが、給油直後にガソリン臭がする場合はキャップの閉め忘れも考えられるのでしっかり確認しておきましょう。エンジンルームからゴムが焦げるような臭いがした場合、駆動力を伝達するベルトの張りが弱まってスリップが起こり、摩擦熱によるゴムが焼けたことが原因として考えられます。また、タイヤに過負荷な状態が続いたことにより、ゴムが焼けたような臭いが発生する場合もあります。何かが焦げたような臭いがした場合、ブレーキの過熱やクラッチディスクの磨耗によってクラッチ滑りが起こっていることもあるので確認してみましょう。

コメントは受け付けていません。