最近の投稿

車から聞こえる異音

車から発せられた異音は故障の可能性もあります。エンジンの異音は、原因には走行に直結することが多く金属やゴム、樹脂など様々な素材が使われるので発生します。部品同士がぶつかり合う音やベルトが滑る音、エンジンの回転に合わせて大きさが変わるなどが特徴です。排気系は普段よりもノイズが大きくなります。マフラーの損傷や穴が空いているなど排気漏れが多いです。不完全燃焼の場合は走行が危険になります。トランスミッションなど動力を伝える装置から異音が発生した時は、シャフトやギア、クラッチなどから走行中に「ゴー」という低音が鳴り響き、速度が速くなると音が大きくなります。足回りでは路面の段差に合わせて鳴る時は、サスペンションの異常、ブレーキのタイミングで鳴ればブレーキ周辺が原因です。またタイヤのメンテナンスを怠っていると、空気圧が減ってゴムがよじれる音がします。これらを放置すると事故につながるので、すぐに販売店や整備工場に連絡します。非常に大きな異音の場合は安全な場所に停車させます。HVもガソリン車と同じ原因で普通でない音がなりますが、特に電気的な音になります。しかしエンジンや排気系が原因になることは構造上有り得ません。

コメントは受け付けていません。