最近の投稿

もしかして故障?!ガードレールの外でJAFを待って!路肩に停めたら

高速道路を走行中、突然車両故障を起こしたらどうしたら良いのでしょうか。
咄嗟の緊急事態に対応できるように事前に注意事項を把握しておくことは、自分や同乗者の命を守り、且つ巻き込み事故を誘発しないためにもとても重要です。

まずハザードランプを点灯し、後続車に減速停止の合図を出します。
故障車両を出来るだけ路肩に寄せ、停車します。橋やトンネルなど路肩が狭いもしくは無い場合は、非常駐車帯や広いところまで可能な限り自走します。
ガードレールの外側に避難させて、発煙筒や停止表示板を車両より50m以上後方(見通しが悪い場合はさらに後方)に置き、後続車へ故障車の存在を知らせます。
故障に燃料漏れも伴う場合は、引火の恐れがあるので発煙筒は使用しないようにしましょう。
通行車両に十分注意しながら全ての行動をし、運転者自身もガードレールの外側に避難します。橋や高架など外側に出られない場合は、車両から離れてガードレールに身を寄せ、追突された時に巻き込まれないよう、必ず車両の後方に。

携帯電話もしくは非常電話(1kmおきに設置)で故障状況を通報します。
事故の場合は110番、故障の場合は#9910です。携帯電話の時は事故場所特定のために、路肩のキロポストの数字を伝えます。
非常電話の時も、そのままJAFに救援依頼をすることが出来ます。

高速道路上はとても危険ですので、自分で修理等作業をせずJAFの到着を待つことを覚えておきましょう。

 

コメントは受け付けていません。