最近の投稿

対物賠償保険

対物賠償保険は保険を契約している車での事故で他人の車や財物に損害を与え、法律上の損害賠償責任を負ってしまった場合に保険金が支払われます。
自動車事故を起こして他人の車に衝突し破損させてしまった、誤って店舗や家屋に突っ込んでしまった、等という場合に保険金が支払われます。また、修理やレッカー移動にかかる費用といった直接的な損失だけでなく、事故による間接的に生じた営業損失に対しても補償されます。
補償は保険の設定金額の上限まで支払われますが、事故によっては非常に高額になることがあります。自動車同士の事故でも相手が高級車であるならばその損害額は高額になってしまいます。バスやタクシー、運送業者のトラックといった商用車だった場合、その車が使えないことで上げられない利益に対しても賠償しなければなりません。店舗に衝突し、しばらく営業が出来ないと言った場合にも営業が出来ない期間への賠償が必要になります。営業車、店舗への補償は高額になる傾向にあり、限度額では賠償しきれず自分で支払わなければならないということもありえます。少ない例ですが億を超える損害を出すこともあります。万が一の事態に備え、設定金額は無制限で契約することをお勧めします。

コメントは受け付けていません。