最近の投稿

対人賠償保険

対人賠償保険は自動車保険の中で一番重要な保険と言われており、補償額も無制限とするのが常識となっています。その理由は交通事故で相手を怪我させたり死亡させる等して、法律上の損害賠償責任を負った場合に、自賠責保険でカバーできない部分について保険金が支払われるからです。後遺障害を発生させてしまった場合なども対象です。もし、任意保険未加入で2億円もの損害が認定された場合、自賠責保険で補償されるのは、死亡3000万、後遺障害4000万円までですので、残りの1億5000万円以上は自己負担となってしまいます。また、1回の事故で複数の被害者がいる時でもそれぞれについて保険金が支払われるため、最優先で考えることが必要です。また、掛金を無制限とするのは、死亡や高度障害などの深刻なケースでは1億円や2億円といった高額になることも珍しくないからです。なお補償されるのは、対物賠償保険が他人の物に対して補償されるように対人保険も他人の身体のみに限られます。同居家族や別居で未婚の子を轢いてしまった場合は補償されません。例えば、車庫入れをしている際に誤って自分の子供をひいてしまい、ケガをさせてしまった場合や助手席に母親を乗せ運転していて、ガードレールにぶつかる単独事故を起こし、2人ともケガをした場合などは補償の対象外となります。このように自動車を運転する際は必要となってくる保険ですが、一方で加入率が100%ではないことも問題となっています。

コメントは受け付けていません。