最近の投稿

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険は、保険に加入している車に乗っている搭乗者が、自動車事故によって怪我や死亡してしまった場合に補償される保険です。
搭乗者は、運転しているドライバーの他、助手席や後部座席に乗っている人達を含め、自動車に乗っている人全員が該当者であり、自分に過失がなくても、搭乗者が怪我や死亡してしまったりすれば補償の対象になり、保険を請求しても等級が下がらないのが特徴です。
また、加害者からの損害賠償金、自賠責保険、各種傷害保険などとは関係なく支払われ、加害者からの保険で治療費がまかなえる場合でも、自分の加入している保険から治療費が別途支払われます。
補償範囲は、死亡保険金は1名につき保険金額全額、後遺障害保険金は1名につきその症状に応じて保険金額の4%から100%、医療保険金は1名につき5日以上入院または通院された場合に怪我の部位と症状に応じて支払われる内容となっており、自動車保険の契約内容によって詳細が異なります。
また、飲酒運転や酒気帯運転、無免許運転、暴走行為運転など、違法な運転や悪質な運転をした場合は補償の範囲外となりますので、注意が必要です。
この保険は、自動車保険の契約時に非加入も選べます。

コメントは受け付けていません。