最近の投稿

ツンとした酸っぱい臭いの原因とは

普段から運転などを行っている自動車であれば、何かしらの違和感を感じ取った場合では、直ぐに不具合気が付くことができます。エンジンルームなどからツンとして酸っぱい臭いなどが発生している場合では、バッテリーを疑うことが一般的です。この刺激臭に関してはバッテリー液が起因していることが多く、主に過充電によって引き起こされてしまう現象としても知られています。刺激臭がしている場合では、バッテリー周りをチェックしてみて、液漏れなどを起こしていないかどかを確認することが大切です。過充電に関しては、発電機に相当するオルタネーターという機器が設置されています。オルタネーターの故障によって過充電の原因になる可能性が極めて高いことになり、このケースでは修理工場などに持ち込みを行って、修理を依頼することが必要です。尚、バッテリー液が漏れてしまって、その周囲に液が付着してしまった場合では、金属であっても腐食を起こしてしまう可能性もあるので、できるだけ綺麗に拭き取ってから移動をさせることも良い方法です。普段からエンジンルーム内もチェックしてみることも良い方法になり、小まめに点検を行うことで、急な異変にも気付きやすい環境を作ることもできます。

コメントは受け付けていません。