最近の投稿

運転手へ告ぐ!休憩を取るのが第一と言われるワケ

自動車は常に安全運転を行うことが必要ですが、自動車の点検整備だけを行っていても、ドライバー本人に委ねられている内容もあり、運転手として自覚を持った行動をとることが求められています。長距離走行などを行う必要のある方がいます。仕事として乗車している方や、レジャーなどでも遠方にでかける方も存在しています。長距離走行の場合では、一定時間ごとに適度に休憩を取ることが第一と言われており、その理由としては、単に気分をリフレッシュさせることだけではなく、身体が固着してしまうことを防ぐ役割もあります。実際に長時間にわたって自動車内で生活を送っていると、命の危険があると言われていることもあり、実際に事故なども発生しています。このことからも、休憩を取って、自動車から降車を行った上で、適度に身体を動かしたり、飲料などを飲んだり、シートを倒して休息時間を設ける方法で安全運転を継続させることができます。同じ姿勢で狭いキャビンで運転を継続していると、筋肉を使う部分とそうではない部分に分かれてしまい。身体に悪影響を及ぼすことになります。また、眠気に襲われることもあり、15分や20分程度の短時間であっても、しっかりと休憩を取ることが肝心です。

コメントは受け付けていません。