最近の投稿

自動車保険と保障額

自動車保険には法律で加入が義務付けられている「自賠責保険(強制保険)」と、自由に加入する、しないを決めることができる「任意保険」があります。自賠責保険の保障額は一律で決まっており、傷害は最高120万円、後遺障害で最高4000万円、死亡は最高3000万円の以上です。自賠責保険の問題点は、補償されるのは事故でケガをした人のみで自分は含まれない事と現在は賠償額が1億円を超える事故も珍しくないため、保障額が足りない可能性が大きいことです。そこで、補償を大きくするために任意保険に加入することになります。任意保険の一般的な保険種目は他人を保障する「対人賠償」、他人の物を保障する「対物賠償」、自分を保障する「自損事故」「無保険車傷害」「搭乗者傷害」「人身傷害」、車を保障する「車両保険」です。保険金は、対人賠償と対物賠償は無制限が一般的です。自損事故と無保険車傷害は対人賠償加入で自動付帯され、それぞれ1500万円と2億円での設定で変更できません。搭乗者傷害は1000万円が標準ですが人身傷害の保険金と併せて検討するのがベストです。車両保険は車本体の金額により変わります。自賠責保険の保険金は変更できないため、自賠責保険+任意保険での加入が万全ということになります。

コメントは受け付けていません。